月経前緊張症候群

月経前症候群とは

月経前症候群とは月経の3~10日前より現れる不快な症状で、月経が始まると同時にすっとなくなるのが特徴です。以前はイライラなどの精神症状が主と思われていたので、「月経前緊張症」と呼ばれていましたが、体の症状のみを感じる人も多いので「月経前症候群」という名前に変わりました。軽いものも含めると生理のある方の6割にみられます。

からだの症状

下腹部が重い・張る・痛い、乳房が張る、頭が重い、肩がこる、むくみが出る、だるい、眠い、にきびが出る、気持ち悪い、便秘

こころの症状

イライラする、怒りっぽい、集中できない、気力がない、ゆううつ、不安になる

対処法は?

栄養バランスの良い食事

甘い物をひかえる→血糖値の変動による疲労感や憂鬱をへらす。
カフェインをひかえる→神経が過敏になり興奮しないように。
脂っぽいものはさける→にきびの原因となる。
塩分のおおいもの、インスタント食品はさける→水分が体に溜まりむくみになる。
ミネラル、マグネシウム、カルシウムなどの神経をおちつかせる働きがありますので野菜などはたっぷりとりましょう。

できるだけ血行をよくしましょう

下腹痛、腰痛、頭痛は血行が悪くなることも影響するので積極的にからだを動かしましょう。
イライラ、憂うつなどの気分を解消するのにも役立ちます。散歩や水泳、ストレッチなどがよいでしょう。ただし無理は禁物です。適度に楽しくやりましょう。
また、少しぬるめのお湯で半身浴をじっくりするのもよいでしょう。

自分にあったリラックス法を見つける

治療法は?上記のようなセルフケアで改善すればよいのですが、なかなかうまくコントロールできない場合は、我慢をせずに、ぜひご相談ください。

対症療法

頭痛、腹痛→鎮痛剤、抗うつ薬、漢方薬 など
むくみ→利尿剤、漢方薬 など
イライラ、憂うつ→安定剤、抗うつ薬、漢方薬 など

低用量ピル

PMSは排卵後に分泌される黄体ホルモンの作用によっておこると考えられます。そのため低用量ピルを服用して排卵を抑制するとほとんどのPMS症状は軽くなります。また月経痛・月経量の減少の効果もあります。
※当院では、処方しておりません。

診療時間 つくばねむりとこころのクリニック amebaブログ 携帯サイトはこちら かんたん診療予約はこちら