アルコール依存症

アルコール依存症とは

アルコール依存は、長期、大量の飲酒を継続することにより、飲酒が自分の意志でコントロールできなくなる精神的依存、振戦せん妄などの離脱症状を生じる身体的依存が形成される病態をいいます。かつては、本人の意志が弱く、道徳観念が欠けているなどと個人の問題として扱われてきましたが、現在は精神疾患の一つとして治療の対象であると考えられてます。
日本の飲酒人口は6,000万人程度と言われていますが、このうちアルコール依存の患者は230万人程度であると推定されています。このように精神疾患の中でも罹患率が高く、長期、大量の飲酒により、個人の性格や意志にかかわらず、誰でもかかる可能性がある病気ですが、実際に医療機関で治療を受けている方は、このうちの数%と考えられています。
また、体格や女性ホルモンとの関係から男性よりも女性の方が少量の飲酒で依存症に陥ってしまう危険が高いため注意が必要です。

アルコール依存症の症状

自分の意志で飲酒のコントロールが出来なくなる。

アルコール依存症の人も、何とかして適量のアルコールで済ませておこうとか、あるいは今日は飲まずにいようかと考えていることが多いようです。しかし、飲み始めたら適量で終えるのはほとんど不可能であると分かっていても、「もしかしたら今日は運よく適量で済ませられるかもしれない」と思ったり、あるいはアルコールを飲まなかった時に得られるメリットが実感できないために、アルコールにより得られる一時的な快感を求めてしまいます。少量のアルコールの摂取によっても抑制が働かなくなり、一滴でも飲み始めたらその後の飲酒の制御はほぼ不可能となり、「今日こそは飲むまい」と思っていても、ひとたび飲み始めたら、酔いつぶれるまで飲んでしまうという状況になります。

目が覚めている間中、常にアルコールに対する強い渇望感が生じる。

長期間にわたる習慣的な多量飲酒が続くと、常にアルコールに酔った状態・体内にアルコールが存在している状態にないと落ち着かず、飲酒への渇望が強まり、目が覚めている間は、状況のいかんを問わず飲酒を続けるという「連続飲酒発作」がしばしばみられるようになります。会社員など、昼間に人目のつく場所で飲酒ができない場合、トイレなどで隠れて飲酒をすることもあります。更に症状が進むと身体的限界が来るまで「連続飲酒」を続けるようになり、体がアルコールを受けつけなくなるとしばらく断酒し、回復するとまた連続飲酒を続けるというパターンを繰り返す「山型飲酒サイクル」に移行します。飲酒量が極端に増えると、やがて自らの体を壊したり(内臓疾患など)、社会的・経済的問題を引き起こしたり、家族とのトラブルを起こしたりするようになりますが、このことにより、さらにストレスを生じ、激しく後悔するものの、その精神的苦痛を和らげようと更に飲酒を繰り返す悪循環に陥るようになります。

離脱症状(退薬・禁断症状)が出る。

長期、多量のアルコール摂取を中断した後に、様々な身体的、精神的な症状が生じます。頭痛、不眠、イライラ感、発汗、手指や全身の震え(振戦)、眩暈、吐き気などの軽度の症状から、「誰かに狙われている」といった妄想や振戦せん妄、痙攣発作(アルコール誘発性てんかん)などの重度の離脱症状も起こるようになります。特に、変動する意識障害、見当識障害に加え、小さな虫のようなものや、いるはずのない人が見えたり、声が聞こえたりする幻覚、強度の不安感、不穏興奮がみられる振戦せん妄は代表的なアルコールによる離脱症状です。患者にとってこれらの離脱症状は苦痛であるため、それから逃れるために、さらに飲酒をすることもあります。また、急性期の離脱症状を過ぎた後でも、怒りっぽい状態が続いたり、抑うつ状態がみられるなどの情動性の不安定な遷延性退薬徴候とよばれる状態が数か月続くことがあります。

耐性の増大。

同じ程度の酩酊感を生じるのに必要とする飲酒量が次第に増大します。または、同じ飲酒量で得られる酩酊感が次第に減弱します。

アルコール依存症の治療方法

アルコール依存の治療で最も大切なのが、本人がアルコールによる身体的ならびに社会的な影響をしっかりと理解して、お酒をやめようとする気持ちを強く持つことです。一般的に、アルコール依存の患者さんは自分がアルコール依存である事を認めたがりません。まずは自らがアルコール依存であるという自覚と、治療への決意を持つことが回復への第一歩です。
根本的な治療は、断酒しかありませんが、本人の意志だけでは解決することが難しく、周囲の理解や協力も必要です。アルコールへの依存性は非常に強く、またアルコール飲料が合法的にたやすく入手することができるため、ひとたびアルコールへの依存が形成されてしまうと、完治はきわめて困難です。このため抗酒剤の内服を含めた継続した外来治療、断酒会、AAなどの自助グループへの参加が必要で、場合によっては専門医療機関における入院した上でのリハビリテーションなどが選択されます。

診療時間 つくばねむりとこころのクリニック amebaブログ 携帯サイトはこちら かんたん診療予約はこちら