睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome=SAS)とは睡眠中に10秒以上の呼吸が停止し、無呼吸の状態が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。また、睡眠時無呼吸症候群(SAS)は生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命に危険が及ぶこともあります。また、睡眠時無呼吸症候群特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をおすすめ致します。

睡眠時無呼症候群になる原因

睡眠時無呼吸症候群になる原因に下記のようなものがあります。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は太った人に多い病気と思われがちですが、日本人など東アジア系の人間ではやせていてもアゴが小さいなどの顔の特徴から、睡眠時無呼吸症候群(SAS)にかかる人が多くみられます。さらに狭心症などの虚血性疾患や心不全、肺の病気などにかかっていると、睡眠時無呼吸症候群(SAS)を悪化させます。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

睡眠時無呼吸症候群には、つぎのような治療を行います。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)が軽症の場合は、減量や生活習慣だけで症状が改善することもあります。しかしある程度症状が進んでしまった患者さんは、ひどい眠気のために気力が低下し、減量や生活習慣改善にもなかなか前向きにとりくむことができません。
1時間に20回以上無呼吸や低呼吸がみられる中等症以上の患者さんには、CPAPと呼ばれる装置を使った治療が適しています。

診療時間 つくばねむりとこころのクリニック amebaブログ 携帯サイトはこちら かんたん診療予約はこちら