うつ病・抑うつ状態・適応障害

うつ病・抑うつ状態・適応障害とは

抑うつ状態とは

抑うつ状態は、ストレスや身体的な状態など、さまざまな原因で気分が落ち込み、生きるエネルギーが乏しくなって、その結果、身体のあちこちに不調があらわれる状態です。日本人の4人に1人が、 一生のうちで一度は抑うつ状態(うつ病エピソード)を経験するといわれていますが、そのうち治療を受けている人はわずかであると考えられています。

適応障害とは

大きなストレスや継続的、反復的にかかり続けるストレスなど、さまざまなストレス因子により、日常生活や社会生活、職業・学業的機能において著しい障害がおき、一般的な社会生活ができなくなる状態をさします。不安、抑うつ、焦燥、過敏、混乱、精神運動抑制などの精神面での症状のほか、不眠、食欲不振、全身倦怠感、易疲労感、胃炎、頭痛、吐き気、発熱などの身体的症状があらわれます。また抑うつ状態を呈するなど、うつ病の初期と区別がつきにくく、放置しているとうつ病に進展することがあります。

うつ病とは

抑うつの程度が強く、期間が長く続く場合、うつ病と診断されます。うつ病では精神面、身体面にさまざまな症状があらわれます。これまで、うつ病の原因別に「身体因性うつ病」、「内因性うつ病」、「心因性うつ病」と分類さ れてきましたが、最近では症状の程度や持続期間、病前の性格 などによる分類(たとえばメランコリー型のうつ病「大うつ病」と現代型のうつ病「新型うつ病」)が行なわれるようになってきました。最近では、うつ病に関する認識が広まり、その頻度の多さから『心の風邪』と呼ばれることもあります。しかし、身体の風邪とは違い、うつ病になった環境の中で生活を続けていると、自然に改善するのは非常に難しいという特徴があります。また、風邪は放置しても重症化することは稀ですが、うつ病の場合には時間の経過とともに重症化することがあります。このような理由から、うつ病になってしまったらできるだけ早く治療を開始したほうがよいと考えられています。一人で悩まずに周囲の方に相談したり、専門家のもとを訪れるなどの対策をとり、早期の回復を目指しましょう。

うつ病・抑うつ状態になりやすい人は、どんな人?

現在は、誰もが複数のストレスを持っていますので、誰もがうつ病と無関係とはいえません。しかし、その中でも特に下記の素因をもつ人がストレスにさらされたうえ、傷心、転勤、出産などで違う環境に置かれるとうつ病になりやすいといわれています。

また、女性では生理周期とともにホルモンの変化が起こります。このようなホルモンバランスの変化は精神状態にも大きな影響を与え、抑うつ状態を招くきっかけになると考えられています。一般に女性は男性の約2倍、うつ病にかかりやすいといわれています。

うつ病・抑うつ状態ではこんな症状があらわれやすい

うつ病を早期に発見し、治療を受けるために、どのような症状があらわれるのか知っておく必要があります。しかし、誰もが経験する単なる「気分の落ち込み」とうつ病の症状は似ていますので、うつ病の症状といっしょにその見分け方の目安も覚えてください。

精神症状

身体症状

うつ病・抑うつ状態の治療

う つ病・抑うつ状態の治療には、1に休養、2に薬物療法、3に精神療法という組み合わせで行なわれます。多くの場合、仕事などのストレスの原因から遠ざかり、心身ともにゆっくりと休養することを指示したうえで、抗うつ薬の服用をすすめます。そして、薬の効果が表れたのちに、再発を予防するための心理教育や認知行動療法などが行われます。

休養

うつ病の患者は「周囲に迷惑をかけられない」という気持ちの強い人が多く、仕事などを休むことに難色を示しがちですが、思い切って休み心身の休養を取ったほうが、短期間で治療でき回復を早めます。

薬物療法

うつ病の薬、抗うつ薬は最近では効果が高く安心して服用できるものが使われています。薬の副作用が疑われる症状(口乾、便秘、排尿障害、尿閉)が現れたら、自分で中断せずすぐ医師に相談しましょう。また、症状がよくなったからといって勝手に服用を中止すると、症状の悪化をまねくこともありますので自己判断は禁物です。

精神療法・心理療法

薬物療法に加えて、共感・受容を中心とした支持的な精神療法、疾患教育や、治療の枠組みを設定した上で患者さんの認知の歪みを修正し、行動の変容を目標とする認知行動療法などが用いられます。まだ実施している施設は限られていますが、職場を休職した方に対しては、復職支援(リワーク)プログラムなども行われています。

診療時間 つくばねむりとこころのクリニック amebaブログ 携帯サイトはこちら かんたん診療予約はこちら